韓商概要
会員企業
Korea・Japan News
韓商News
Information
韓国経済最前線
経営支援
マーケット
国際間ビジネス
各種リンク













    社会・経済情勢の目まぐるしい変化に対応するため、経済活動分野はもとより、地域社会との融合への提言活動に積極的に取り組んでいます。同時に、同胞商工人の悩みや意見を集約し当局への建議・具申を行うなど、多様に活動を展開しております。


    全国組織機能を強化するために、業種別部会活動の促進、専門分野の組合活動、研修会の定例化、財政確立対策、地区協議会体制の確立、会員へのサービス事業の充実、機関誌「架け橋」の発行、そして事務局の強化を図っております。


    同胞商工振興事業の拡大・強化を図り、中小・零細企業や若手企業家に対し、融資制度の積極的な活用促進、公的資金助成を行うために、関係機関と交渉しております。一日も早い同胞企業への公的資金助成制度の実現に向けて努力いたします。


    会員企業の税務相談及び指導を、各地方韓商を通し受け付けております。また、講習会や講演会・セミナー等を開催しており、参加者からその節税効果に対し、好評をいただいております。今後とも税務に関して、より効果が期待される対策や方法を研究してまいります。



    商工会議所は、本国進出のための相談を受け付けております。既に本国において同胞企業の発展に貢献している本国投資協会に対して、支援を強化する一方、健全な企業活動のために本国政府への要望活動をおこなっております。



    民族金融機関である全国の信用組合は、現在厳しい金融情勢下に有ります。当会議所では、民団と韓信協と協力し、新銀行設立一本化の早期実現へ向けて、全面的支援に取り組んでおります。同胞経済社会における金融システムを安定させるため、更に力を集中し運動を続けて行きます。


    「在日同胞就職説明会」の開催を通して、在日同胞学生及び青年の就職活動支援を続けております。会員企業からは、優秀な人材確保の場として好評をいただいております。今後、インターネット等による求人・求職情報の構築に向けて取り組んで参ります。


    在日1世が築いた経営基盤は時代の経過とともに、現在ではその多くが2・3世に移譲されています。商工会議所は同胞商工人の団結を強化し、事業発展のための後継者育成と次世代の連帯を培うことが出来るよう、青年商工会への指導・育成に尽力しております。