韓商概要
会員企業
Korea・Japan News
韓商News
Information
韓国経済最前線
経営支援
マーケット
国際間ビジネス
各種リンク












2014-12-11 12:54    
「在日韓国商工人の和合の集い」開催
1418270221_2323.jpg [25 KBytes]   

在日韓商(商工人)組織の和合と統合を目的にした「在日韓国商工人の和合の集い」(主催「在日韓国商工人の和合の集い」実行委員会、洪采植大会長、金光一実行委員長)が11月27日、東京都内ホテルで開催され総勢約400名が参加した。
 同「集い」には、当会議所から朴忠弘会長、朴義淳副会長(京都韓経会会長)、慎三範副会長(福岡韓商会長)、金淳次副会長、柳和明副会長、黄鐘吉常務理事、朴康徳理事、康正亨理事など11名が参加した。
 集いでは、実行委員長並びに大会長が挨拶を行った後、来賓祝辞を柳興洙駐日大使が行い「在日同胞商工人の和解と団結を図るこの意義深い場に参加させて頂きましたことを心より嬉しく思ってます」「これまで、同胞商工人の社会が分かれてしまい、公館長が商工人の皆様の行事に足を運ぶことすらできなかった非正常を正すため、あらゆる努力を傾注してきました」「同胞社会の融和という大局的な観点から、公館による仲裁の取り組みに力を貸して頂いた関係者の方々に御礼申し上げます」とのべるとともに、「現在、日本国内の景気低迷や冷え込んだ韓日関係が続き、同胞商二人の皆様の事業にも影響を与えている状況ですが、このような時こそ、同胞商工人の皆様の結集した力量が再び求められる時期です」「在日韓商の発足から50年を迎えた2012年には、残念ながら記念式も執り行うことができませんでした。今年2月、両者の最終合意に基づいて統合された上で一つになり、記念式を盛大に執り行うようにするのが望ましいと考えます」「本日の集いが3年間の分裂と対立を乗り越え、統合に向けた新たな出発点になることを願います」と述べられるなど、在日商工人が分裂ではなく統合、そして対立ではなく和合・和解に向かうことを力強く願われるとともに、同胞商工人に対する支援が述べられた。続いて呉公太民団中央団長、朴忠弘(一社)在日韓商会長などが祝辞を述べた。
 一部【記念式典】、二部【懇親パーティー】形式で行われた「集い」全般を通じて、参加者各々が今後の韓商組織並びに同胞商工人の和合と統合に向けて相互に連携・協力することを確認し合うなど、和合に向けた大きなスタートの場となるとともに、全体で親睦と交流を深めた。